トップ > ぼったくりニュース > 歌舞伎町にぼったくり相談窓口、弁護士が夜間常駐

ぼったくりニュース

歌舞伎町にぼったくり相談窓口、弁護士が夜間常駐

TBS Newsi
2015年06月27日 16時12分
ぼったくりニュース一覧へ戻る

 ぼったくり被害が相次いでいる東京・新宿区の歌舞伎町で、弁護士が夜間常駐し、相談に応じる窓口が開設されました。

「ぼったくり被害110番」は、東京弁護士会が地元の商店街と連携して始めたものです。歌舞伎町に設けられた窓口では、夜間、弁護士が常駐し、飲食店との支払いトラブルについて電話で相談に応じるほか、弁護士に店側との交渉を委任することもできるということです。

 初日となった26日も、 「1人1時間4000円と言われたのに20万円以上も請求された」などの相談が3件寄せられました。

 歌舞伎町では、飲食店が客に対して不当な高額請求をする「ぼったくり」が相次いでおり、担当する弁護士は「不当な請求に気づいたら、支払う前に電話で相談してほしい」と話しています。

ぼったくり被害110番
電話 03-6205-6777(午後9時〜未明)

コメント 0件

コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する
▲ページトップ