トップ > ぼったくりニュース > 2時間20万円!?「ぼったくり」ガールズバー摘発…大阪・キタ、無許可経営容疑で中国人ら逮捕

ぼったくりニュース

2時間20万円!?「ぼったくり」ガールズバー摘発…大阪・キタ、無許可経営容疑で中国人ら逮捕

産経WEST
2016年12月01日 13時36分
ぼったくりニュース一覧へ戻る

 無許可でガールズバーを経営したとして、大阪府警曽根崎署は1日、風営法違反(無許可営業)容疑で、大阪市北区曽根崎のガールズバー「Bar Pracius(プレシャス)」の経営者で中国籍の姚鵬(34)=同市此花区島屋=と、店長の杉林孝彦(29)=同市淀川区十三東=の両容疑者を逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。

 逮捕容疑は11月30日午後10時半ごろ、府公安委員会の許可を受けず、男性客に酒を提供するなどの接待行為を女性従業員にさせたとしている。

 同署によると、同店は9月中旬に営業を始めたとみられる。10月下旬に複数の利用客から「客引きに70分の利用で2500円でいいと言われたのに、2時間で約20万円を請求された」などとの相談が同署にあり、捜査していた。

 姚容疑者らのほかに、接客をしていた女性従業員2人も同容疑で現行犯逮捕したが、釈放した。

コメント 0件

コメントする
名前
コメント
画像認証
CAPTCHA Image
認証画像を変更する
▲ページトップ