トップ / 連載コンテンツ / VシネマでGO! / くノ一忍戦帖
もどる

VシネマでGO!

VシネマでGO!

2016.04.25更新

川越ゆいインタビュー

 90年代を中心に一時代を築いたVシネマ。現在も継続的にリリースされる作品群の中から、珠玉の一作をピックアップしてご紹介する本企画第6回目は、人気セクシー女優・川越ゆいが主演した『くノ一忍戦帖』をご紹介! 遊山直奇監督にもご登場いただき、貴重な撮影裏話をお伺いしました!


『くノ一忍戦帖』予告 投稿者 orustaksoft


――今回はVシネマ作品初出演&主演という事でしたが、実際にお仕事をしてみていかがでしたか?

川越「AVの現場では基本的にあまり怒られたり、指導をされたりということはないので、そういった意味ですごく新鮮でした。指導をいただける環境ってありがたいなあと。とてもいい勉強になりました」

――どんな演技指導が印象に残っていますか?

川越 「『仮面ライダーみたいに飛べ!』とかありましたね(笑)。情熱を持って相手に立ち向かっていく、強気のくノ一という役柄なので、ナヨナヨしないようにというのは自分でも意識しました。普段はひ弱そうだったり、従順な設定が多いので……。」

――なるほど。“くノ一”というキャラクターは普段のアダルト作品とだいぶギャップがあると思いますが……。

川越 「うーん、そうですね。でも、自然に興味を持って楽しめたというのが正直なところです。お芝居がやりたくてこの世界に入ったという部分もあるので、私。だから、ピンク映画やVシネマのお仕事は今とても興味があって。」

遊山「この役を川越さんにお願いしたのも、彼女自身からTwitterを通して直接応募があったからなんですよ」

――そうなんですか!?

遊山 「ええ。ちょうど企画が始まったばかりで。そんな時に連絡をいただいたので、まさに“渡りに船”でした(笑)。Vシネマに興味がある女優さんは直接監督に連絡してみるもんだと思いますよ」








撮影開始当初の話にも花が咲いた川越&遊山両氏

川越 「私、プライベートでサバゲ―をよくやるんですけど、遊山監督の『脱衣サバゲー 』という作品があって。これが面白かったので、直接アタックしてみました(笑)」

――Vシネマ作品の主演の座を射止めるのに、そんな展開もあるんですね……。川越さんのイメージからサバゲ―というのもまたギャップがありますが。

川越 「まだ始めて2年ぐらいなんですけど、電動ガンを5丁ぐらい持っていて。埼玉や千葉に行ったり、秋葉原の屋内フィールドでプレイしています。少年時代に『銃カッコイイ!』と思った経験のある男性なら、間違いなくハマると思いますよ!」

――そういった経験がおありなら、今作のような屋外での撮影もそれほど抵抗なく?

川越 「抵抗はなかったですが、撮影があった4日間はとにかく寒くて。そんな環境の中、スタッフみんなで真剣に作り上げた一作なので、ぜひぜひいろんな方に観ていただければと思います」








撮影の合間にはこんなサービスショットも……。
「ヤバッ!下着上下違うんだけどどうしよ〜!」とのことでしたが、これ以上の露出はキャバポケ的にNGでした

 

――Vシネマやピンク映画のお仕事にとても興味があるとのことでしたが、今後演じてみたい役柄などありますか?

川越 「やっぱり、いままではいいコ、純情キャラが多かったので、演じたことがない悪役とか。高飛車な役なんかも……挑戦してみたいですね。普段映画を観るのも、恋愛映画よりホラーを選ぶ質なので、そういったジャンルにも興味があります。企画段階から携われたりしたら、とっても楽しそうですね。」

――結構自分で企画を練ったりするのは得意なほう?

川越 「好きですね。Vシネマからは離れますが、最近イベントなどでファンの方から“素の川越を知りたい”という声を多くいただいていて。youtubeで『ごえさんぽ』というゆる〜いチャンネルを始めたところなんです。こういう新しい取り組みはどんどんやっていけたらなあと。」

――これからの展開に注目ですね。それでは、お二人から今作の見どころをそれぞれお聞かせください。

川越 「笑いあり、感動的なシーンあり、アクション&エロあり……。飽きの来ない作品になっていると思います。観た後は『次回作が気になるぜ……』と思うハズ!」

遊山 「今回は3部作として構成された作品になっており、次回作は今秋リリース予定、3作目年末リリース予定となっています。アクションのみならず、こういった作品には欠かせないお色気必殺技もしっかり押さえていますので、たくさんの方にご注目いただきたいですね」

――ラブシーンも……?

川越 「4シーン、バッチリございます」

――ありがとうございました!


『くノ一忍戦帖』

愛と肉体をかけて歴史を作った「影の女」たち
俺の言うことを聞く「奴隷忍者」になれ!


関ヶ原の戦いより数年後、ようやく戦乱が忘れられようとする時代――徳川家康の側近である天海僧正は、幕府存続の為に強大な忍者軍団を形成し、関東一円を支配しようとしていた。一方、関ヶ原の戦いでは豊臣方に付き、逃走した忍びの集団が山奥に独自の村を築いていたが、何処より発生した疫病に悩まされており、その調査の為にくノ一たちを差し向ける……。くノ一のひとりである彩芽(あやめ)は、仲間であるサツキ、楓(かえで)と共に疫病の村に赴くが、そこで天海の手下である忍者軍団<邪門衆>と遭遇、彩芽は血を弾丸のように発射する忍法で撃退するが、それはくノ一VS邪門衆という戦いの火種となってしまった……。天海に従わぬ者は、邪門衆によって誰であろうと殺される――果たして、彩芽たちくノ一たちは、故郷の村を救うことが出来るのか!?

出演:川越ゆい、荒木まい、あやなれい、荒川泰次郎、本多秀成、保田泰志、斎藤一登 ほか
監督・脚本:遊山直奇/プロデューサー:越坂康史/(C)2016 オルスタックソフト販売
【レンタル】4/27レンタル開始予定 【セル】4/27発売予定


川越ゆい
川越ゆい

着エログラビアなどの活動を経て、2013年にAVデビュー。ロリ系女優として人気を博す。今作を皮切りに「東京地下女子刑務所chapter3エリア0」にも主演予定。形のよいおっぱいは多方面から高い評価を得ている。趣味はサバイバルゲーム。
twitter
youtube

次回の更新もお楽しみに!


▲ページトップ