トップ / 連載コンテンツ / VシネマでGO! / 箱女
もどる

VシネマでGO!

VシネマでGO!

2016.11.28更新

神咲詩織インタビュー

 最新Vシネマ作品をピックアップしてご紹介する好評企画!第13回目は、恵比寿マスカッツの一員としても活躍中の神咲詩織さんにご登場いただきました!最新作『箱女〜見られる人妻〜』の撮影秘話やオリジナルショット満載でお届けします!


――今作はライブチャットにハマっていく主婦という役柄でしたが、演じてみていかがでしたか?

神咲「普段のお仕事でもニコ生で配信したりする機会があるので、それほど違和感はなく。主婦として毎日を過ごしている女性が、配信中は普段と違う自分になれるということで、その切り替えの部分はしっかり演じるよう心掛けましたね」

――演技指導などはあったのでしょうか。

神咲「以前にも城定監督のVシネマ作品に出演したことがあるのですが、その時と同じようにわりとフリーな感じでした。撮影期間は関東で2日間です」

――サブタイトルにも「見られる人妻」とありますが、神咲さんご自身も見られて快感を得る事はあるのでしょうか。

神咲「それは……ありますね(笑)。もともと根がドMなので、結構好きなほうかもしれません」

――と、いうことは、グイグイ来てくれる男性の方が好み?

神咲「そうですね、野獣タイプがお好みです(笑)」




ハキハキと質問に答える姿が印象的だった神咲さん
 

――それでは逆に、作中で出てくるような、少し奥手の男性はいかがでしょうか。

神咲「私、今年でデビューしてから6年目なんですけど、ここ最近は自分から誘惑していくような作品がすごく多くて……。いわゆる痴女的な(笑)。最初は苦手意識もあったのですが、引っ込み思案な男性を虜にしていく役柄も、だんだん楽しくなってきているんです」

――なるほど。バラエティ番組などでも、Sキャラとして活躍されていますよね。

神咲「周りから母性があるよねって、すごく言われるんですよ。なので、客観的にはSキャラの方がしっくりくるというか、求められているのかなと。ファンの方とイベントなどで接していても、以前は40〜50代のオジサマが中心だったのが、最近は18歳になりたてというコが来てくれたりしていて。『大学受験を控えているので、元気をください!!』なんて言われると『う〜む……悪くないな』と思う事も結構あります(笑)」

――ハハハ、神咲さんの中で、Vシネマやピンク映画などのお仕事はどのような位置づけなのでしょう。

神咲「お芝居の仕事は楽しくてとても好きです。AVだとどうしてもお芝居はオマケ的というか、たぶん早送りをされてしまう部分だと思うので(笑)、しっかりお芝居を見て頂ける映像作品のお仕事は、これからも続けていきたいですね」

――機会があったら演じてみたい役柄などありますか?

神咲「うーん、せっかくなので自分のイメージとはかけ離れた役柄ですかね……。殺人鬼とか、猟奇的な……」

――それはまたグッとヘビーになりますね。今までとは違った神咲さんが見られそうです。

神咲「そうですね(笑)。プライベートでは新作を中心に、1日3本ハシゴして映画を観ることがあるくらい、映画や劇場が好きなんですよ。」

――そうなんですか。それでは、最近観た中でイチオシの作品を教えてください。

神咲「『セッション』という、師弟関係にあるドラマーの2人を中心に展開する作品なんですけど。人によっては体罰じゃないかと感じるぐらい、スパルタな指導が描かれているんですが、私が音大出身なこともあり、共感できる部分が多くありましたね」




ご自身が似ているとよく言われるというコアラのポーズ。シュールなかわいさにあふれています

もちろんセクシーショットもいただきました!
 

――今後の展開について、お聞かせ願えますか。

神咲「今はもっとお芝居をやりたいという想いが強いので、舞台のお仕事だったり、機会があればミュージカルにも挑戦できたらうれしいなと、密かに思っています(笑)。近いところでは定期的にイベントを開催しているので、ファンの方にはぜひ足を運んでいただければと思います」

――それでは最後に、改めて本作の見どころを。

神咲「普段、なかなか自分の気持ちを素直に出せない事ってたくさんあると思うんですが、理想と現実のギャップに悶々としている人にこそ見ていただけけたらなと思います。きっと最後は“スカッと”した気持ちになれるはずです♪」

――ありがとうございました!

 


『箱女〜見られる人妻〜』

人妻が内緒で始めたライブチャット、最初は『ダレデモヨカッタ』……。

江梨子(神咲詩織)は製薬会社で働く夫・誠一と二人暮らし。夫・誠一は社内不倫中で帰りの遅い日も多く、江梨子は薄々気づいていた。夫の浮気疑惑で悶々としていた江梨子は、自宅でチャットレィディとしてエリー(ハンドルネーム)に変身する事で、日常を忘れストレス発散する。コスプレ女子高生、またはナースとしてエリー(江梨子)は自慢の豊乳プレイでリクエストに応えて、ファンも増え、チャットは過激なプレイで盛り上がっていた……。ある日 夫・誠一は酔っ払って、部下・春山を連れて帰宅した。酔った誠一の悪ふざけで、江梨子の胸元をちらりと見てしまった春山は、見覚えがある2つのホクロを見つけた。それはチャットで見たエリーと同じ箇所にあるホクロだった……。

『箱女〜見られる人妻〜』
出演:神咲詩織、橋本雄大、田中靖教、小春、麻木貴仁 ほか
製作:雅 太郎 監督・脚本:城定秀夫 プロデューサー:久保獅子
(C)Breeze
【レンタル】12/2(金)レンタル開始予定!!
【セル】12/2(金)発売予定!!

神咲詩織(かみさき・しおり)

Gカップバストを武器にTV・ラジオ出演も多くこなすなど、多方面で活躍するセクシー女優。音大出身であり、ピアノを中心に楽器の演奏経験がある。関西出身の26歳。
【ブログ】http://blog.livedoor.jp/kamisaki_shiori/
【ツイッター】https://twitter.com/kamisaki_shiori


激レア!読者プレゼント


神咲詩織さん直筆のサイン色紙を読者の方にプレゼント!
ご希望の方はコチラから奮って応募下さい!

★神咲詩織 イベント情報!★

12月10日(土)&11日(日) MOODYZ関西イベント
10日 12時〜信長書店 日本橋店、17時30分〜買取まっくす 京都南店
11日 13時〜トレンド書店26号線葛の葉店

12月16日(金)恵比寿★マスカッツ喧嘩上等ライブ
〜VS仮面女子 8100円を払うのはどっちだ!? このバカタレが! in Zeppダイバーシティ東京〜

12月17日(土) バンもん!Fes.2016winter?雪降る夜にフェスして? supported by WEG

 

詳細は公式ブログ&ツイッターをcheck!!


次回の更新もお楽しみに!


▲ページトップ