トップ / 連載コンテンツ / VシネマでGO! / ゴーストパイターズ
もどる

VシネマでGO!

VシネマでGO!

2016.12.26更新

水月桃子インタビュー

 最新Vシネマ作品をピックアップしてご紹介する好評企画!今回は、あの名作にオマージュを捧げた話題作『ゴーストパイターズ』主演の水月桃子(みづき ももこ)さんにご登場いただきました!撮影秘話やオリジナルショット満載でお届けします!


――Vシネマ作品に出演されたのは初ということですが、演じられた感想はいかがですか?

水月「いろんな偶然が重なって主演に抜擢していただいて。舞台での演技は今までに経験があったのですが、映像作品はそれほどなかったのでとても新鮮でした」

――演技指導などはあったのでしょうか。

水月「台本を読んだ段階からキャラクターが立っていたので、自分なりに妃芽(ひめ)のイメージを作り上げて撮影に臨みました。結果的にそのまま採用していただけたという感じですね」

――メイキングにもあったように、撮影は長期間に及んだようですが……。

水月「そうですね、結構屋外のシーンが多くて天候に左右されたりもしたのですが、今となっては思い出深いです。トンネルや神社のシーンは真夜中の撮影。重い照明をスタッフみんなで持ち運んだり、今までにはない経験でした」

――水月さんも機材の持ち運びを?

水月「もちろんです!撮影チームはアットホームな雰囲気で、打ち合わせを重ねながら作品づくりを行っていきました」

透明感のある佇まいが印象的な水月さん。ソロ歌手としての活動も豊富、歌唱力の高さには定評がある。


――水月さん以外にも、伏楼(ふくろう)役のMIRAIさんや十四代目トイレの花子さん、子役のナナエちゃんなど、存在感のある方が脇を固めていましたね。

水月「そうですね、パートナーがMIRAIちゃんでホントによかったなと。脱いだらスタイルいいですし……」

――たぶんご覧になられた方はみんな思うでしょうね、隠れ巨乳的な……

水月「おおっ!って食いつきそうですよね(笑)。十四代目トイレの花子さんは、あのシーン、実際に生で歌っていただいたんですよ」

――そうなんですか!迫力ありそうですね……。

水月「はい、とても(笑)。妃芽(ひめ)の幼少期を演じたナナエちゃんとも、コメンタリーの収録でご一緒できましたし、出演者やスタッフの方と一緒に過ごす時間が長かった分だけ、私にとって印象に残る作品になったと思います。」

――そうそう、今作はメイキングに加え、コメンタリーも収録されている豪華版です。

水月「コメンタリーの収録も、とても楽しくて。ナナエちゃんからおっぱいに関する質問も飛び出したり……」

――困り気味のウンノ監督が印象的でした。

水月「ハハハ、2度、3度観て楽しんでいただける作品になっているかなと思うので、手に取っていただけた際にはコメンタリーもチェックしてほしいですね」

――またVシネマ作品に出てみたい?

水月「はい!今回とても楽しく、貴重な経験をさせていただきました。実はアクションを習っていた経験もあるので、そんなところも活かせる作品に興味があります」

――本家同様、続編に期待する声が集まるとよいですね。

水月「次回作は、伏楼の過去やコンビ結成に焦点を当てたストーリーが展開出来たら面白そうだなと、勝手に想像しています(笑)」

谷間を見せてのセクシーショットもいただきました!
 

――水月さんのプライベートについてもお伺いしたいのですが、お休みの日の過ごし方は?

水月「アニメやアニソンが好きなので、時間があればもっとアニメを観たいなと思っているんですけど、最近はありがたいことにあまりお休みがあまりなくて。直近で観たのは、世界名作劇場の再放送だと思うんですけど『若草物語 ナンとジョー先生』です(笑)」

――おお、それはクラシックな作品ですね。それじゃあやっぱり、彼氏も一緒にアニメを観られるような人がよかったり?

水月「それよりも、優しくて気の利く人がいいですね。ちょっと私より先を見通して、導いてくれるような……。あと、頭がよくて、清潔感があって……」

――いろいろ出てきちゃいましたね。それでは最後に、改めて本作の見どころを教えてください。

水月「おっぱいに付けた吸引機で日本の妖怪を倒していく!っていうストーリーだけでも魅力たっぷりだと思うんですが、コミカルで誰にでも楽しんでいただける作品になっていると思います。私とMIRAIちゃんの、息のあったやりとりに注目してご覧ください!」

――もちろんお2人の水着にも……。

水月「期待してソンはないはずです!」

――ありがとうございました!


巨乳でゴーストを捕まえる! 悪霊ハンターガール!!


妃芽は幼少の頃、家宝の壺を、ちょっとした事故で胸の中に吸収してしまった。その事で巨乳へと変化し、さらにゴーストを吸収する事が出来るゴーストハンターになった。大人になった妃芽は胸に装着した吸引銃を手にして、相棒である片ゴーグルの伏楼と共にゴーストパイターズと言う会社を立ち上げ、ゴースト退治を始めたのだった。サタ子、口裂け女、トイレの花子さんと、次から次へゴースト退治の依頼が舞い込む、二人はこの難題を解決できるのだろうか!? 監督は『妖怪川姫みずさ』や『死んで、呪って、恋して。』のウンノヨウジ。
ホラーの要素を散りばめつつ、ポップでキュートな女のコが躍動する、2016年最後の話題作!!


ゴーストパイターズ
出演:水月桃子、MIRAI、十四代目トイレの花子さん、日野ありす、ナナエ、河崎良侑、夏目夢子 ほか
監督・脚本: ウンノヨウジ 制作:NO!film
(C)2016 オルスタックソフト販売
【レンタル】12/29(木)レンタル開始予定!! 【セル】12/29(木)発売予定!!

 


水月桃子

Hカップの爆乳を持ちながら、均整の取れたスタイルと親しみやすい雰囲気で多方面から人気を集める。近年は舞台やバラエティ番組などに多数出演、活動の幅を広げている。Vシネマ作品への出演は今回が初。毎月撮影会の開催も定期的に行っている。静岡県出身。
【ブログ】http://ameblo.jp/momoko-mizuki
【ツイッター】https://twitter.com/mizuki_momoko

 


激レア!読者プレゼント

水月桃子さん直筆のサイン色紙を読者の方にプレゼント!
ご希望の方はコチラから奮って応募下さい!

★水月桃子イベント情報!★

2017年1月22日(日)
【水月桃子 撮影会】
14時〜
atソフマップアミューズメント館8F

【ゴーストパイターズ 舞台挨拶&上映会】
17時〜
atTCC試写室

詳細は公式ブログ&ツイッターをcheck!!


次回の更新もお楽しみに!


▲ページトップ