トップ / 連載コンテンツ / キャバポケ探偵団 / ローイベvol.8に行ってみた!
もどる

キャバポケ探偵団

キャバポケ探偵団

2017.04.03更新

ローイベvol.8に行ってみた!

 今回のキャバポケ探偵団は3/31(金)新宿ロフトプラスワンにて行なわれた『ローイベvol.8』! 前回に引き続き、潜入取材を試みました! ローレグ・ライズを愛するロー協(日本ローレグ・ライズ協会)メンバー「ローっ娘」たちが大集結するイベントの第8回目。今回はどのような展開が繰り広げられるのでしょうか!?

 18時30分、開始とともに会場内に響き渡ったのはピンクレディーの名曲『サウスポー』。これをフルコーラス歌い切ったのは、ロー協メンバーでありながら、「その気になったら裸で触れ合える現役風俗嬢アイドル」として多方面で活躍する山村茜さん。
 

会場を暖めるトップバッターの役目をきっちりと果たしていました。


 続いて登場したのは、「“例の病院”でちょっとHな文化祭」で緊縛モデルとしてステージに上がっていたロー協メンバー灯月いつきさん。ジャズ・スタンダードの名曲『Fly me to the moon』や一青窈の『ハナミズキ』を熱唱。

 

ほんわかした語り口とのギャップで、しっかりと観客のココロを掴んでいました

 

 ローイベ参加者にはもうおなじみのロー協から誕生したアイドルユニット「ローズヒップss」も登場。この日初お披露目となった新曲『超特急タフガール』を含む計3曲を披露しました。ライブの最後には彼女たちと一緒に海外旅行へ行けるファン企画の告知も。

数々のフェスに参加してきた「ローズヒップss」。ライブMCもお手の物!?


 

 ライブの後に行なわれたのは、この日参加したローっ娘の自己紹介コーナー。セクシーな衣装に身を包んだ女のコたちに温かい声援が送られていました。

 

この日の司会進行は前回同様、松本格子戸氏とプロデューサーの三代目・葵マリー女史

ネクストガールのあいみさんには一同「カワイイ!」の声が

ネクストガールのMIHARUさんはなんと現役ポールダンサー。会場と同じビル内にある「Show Club Arena」で実際に働いているとの事で、ローイベ終了後にそのまま出勤されていました

最近緊縛を学び始めたというネクストガールの田宮ナナシ(通称:タマナシ)さんは、このまま帰れるように(?)シースルーのレインコートを装着

 

  舞台は観客お待ちかねのしっぽ輪投げゲームへ。今回の勝者は一体誰になるのか!?

 

お気に入りのローっ娘が身に着けているしっぽにリングをかけます。

厳正な計数の結果……。

 

 勝者は「ローズヒップss」の黄色担当御茶海マミさん! ローイベならではの方法で、金一封が贈呈されました。

三代目・葵マリー女史のセクシーな贈呈に、観客のみならずローっ娘一同も歓喜の表情でした。

 

 その後は撮影タイムに。ここぞとばかりにシャッターを切るお客さんで、ステージ周辺は熱気にあふれかえっていました。


 

 休憩をはさんで行なわれた第2部は、倖田李梨×若林美保の艶女アイドルユニット「Li2MiHOLiC〈リリミホ〉」のライブからスタート。均整の取れたボディから醸し出される、オトナの魅力たっぷりのステージでした。

ライブの最後には「ローズヒップss」とのサプライズコラボも

 

 そしてまたまた撮影タイムへ。先ほどとは違った衣装を身にまとったローっ娘たちを激写!


 

 三代目・葵マリー女史の締めでステージは大団円。無事に終了となりました。
 

 さて、ローイベに来たらぜひ楽しみたいのが、ローっ娘たちとのコミュニケーション。開演前と終了後には、ローっ娘たちが出展しているブースで2ショットチェキの撮影や自作のROMが購入出来たりするのです。ここでその一部をご紹介!

この日から参加となったネクストガールFanaさんはバンド活動も行なっているという異色の存在。

「Li2MiHOLiC〈リリミホ〉」のお2人も撮影に応じてくれました!

ロー協メンバーの美咲りこさんのブースではフォトブックが購入できました。

山村茜さんは「ぜひ五反田に会いに来てください!」と猛アピール。

 

 今回も好評のうちに幕を閉じた『ローイベvol.8』。次回は9/22(金)新宿ロフトプラスワンにて開催との事なので、この記事を読んで気になったアナタは要チェックだ!
 

 

運営:日本ローレグ・ライズ協会 協力:サンクプロジェクト

 

 


▲ページトップ