トップ / 連載コンテンツ / キャバポケ探偵団 / 縛・万華鏡Museに行ってみた!
もどる

キャバポケ探偵団

キャバポケ探偵団

2017.07.24更新

縛・万華鏡Museに行ってみた!

今回のキャバポケ探偵団は7/23(日)荻窪プラネアールスタジオにて行われた『縛・万華鏡Muse』に潜入取材を試みました!三代目葵マリー&結月里奈の2人がプロデュースするこのイベントは、出展者&パフォーマーがすべて女性というSM要素の高いもの。多くの来場者が訪れた注目イベントの様子をとくとご覧あれ!

 地下のワンフロアを貸し切って行われた今回。各ブース出展のほか、メイン&サブステージが設けられており、思い思いの方法で魅惑の世界に浸ることができました。会場内にいる露出度の高い女性たちに目移りしながら、まずは出展されたブースを巡ることに。

本イベントの主催者でもある結月里奈さん(右)が運営する「りなわ倶楽部」ブース。ましろさん(左)と。

現役レースクイーン坂井伊織さん&ひめさんの「いおりん」ブース。おそろいのマイクロビキニがまぶしい限り!

ブースでは写真集ROMやDVD作品の販売されていました。

キャバポケにたびたび登場いただいている若林美保さんと倖田李梨さんも並びのブースで出展。

豊富なグッズの中には乳酸菌たっぷりのビスコも!

作品片手で取材に応じてくれためらみるくさん(左)、マリアATさん(中)、飛鳥井まりかさん(右)。「シュガーホワイト」ブースから。

横浜を拠点に活動する「幻想縄会」ブースでは、だれでも気軽に縛り体験を受けることができ……

飛鳥井まりかさんは「縄処女奪われちゃった……」と、その感覚に感動している様子でした。

 

ふとブースエリアから離れてみると、夏を感じさせる涼やかな催しも。


なんと流しソーメンに舌鼓を打つことができました。ちなみにこちらは歌舞伎町に店を構えるBar「Frame」による企画。

 

「お腹を満たした後は甘いものでも……」と考えていると、美味しそうなデザートが。

AV女優徳井唯さんの「エルドラド」ブースではもの珍しい中東スイーツを販売。

 

そのほかにも多数の飲食ブースが出店されており、会場内では食べ物を片手にSM談義へ花を咲かせている様子が散見できました。さて、ここからはメインステージの様子をレポート。入れ代わり立ち代わり、華やかなパフォーマーたちがステージを繰り広げていました。

その気になったら裸で触れ合える現役風俗嬢タレント、山村茜さんと成澤ひなみさんによるユニット「inmoralister」はライブを“本番行為”、訪れたファンを“本指名客”と呼ぶ異端的存在。

主催者のひとりである三代目葵マリーさんはステージの司会進行を務めていらっしゃいました。

倖田李梨×若林美保の艶女アイドルユニット「Li2MiHOLiC〈リリミホ〉」のライブでは、安定感のあるトーク&ファンとの楽し気なやり取りが印象的でした。

会員制BAR「春BAR」の専属ユニット「小雪月見」による緊縛ショーでは、女×女の艶やかな縄の世界に、観客一同引き込まれていました。

 

 女性中心のSM緊縛イベント『縄・万華鏡Muse』。40以上のブースが出展し、回を重ねるごとに熱気を帯びるその様子を感じることができました。不定期開催との事なので、興味のある方は公式HPや関連Twitterをチェックしよう!

縛・万華鏡Muse


▲ページトップ