トップ / 連載コンテンツ / マグナムTHEワールド
卒業と最終回
2016.03.07更新

 ついこの前、年が明けたと思ったら、早くも年度末…。卒業シーズンてことやね。

 AV業界も卒業というと引退ってことになるんやけど、引退ロードを歩めたり、引退宣言して辞められる子はホンマの一握りで、ほとんどの子はいつの間にかいなくなるか、親にバレて連れ戻されるか、男ができて飛ぶか、仕事が減って必然的に消えて行くってのがほとんど。ちなみに俺はちゃんと引退会見までした最初の男優やったけど…。

 最近は引退作を撮って、それの販売促進を兼ねたイベントなんかをやってから辞めるなんてのも多いみたいで、昔、そんなイベントに司会で行ったことがあるんよ。それも3人同時の引退握手会やったから2ステージともに満員。凄い人やったわ。

 その時の楽屋で女の子3人が、ファンからもらったものをどうするか相談しててん。花は持って帰ろうとか酒は持って帰れるけど、重いからどないしょうかとか。

 それで1人がブランド物の指輪をどないしよか悩んでたんよ。持って帰って彼氏にこれどないしたんやって聞かれたら面倒やし、せっかくくれてるから捨てるのは申しわけないけど、いらんしなぁってウダウダ言うてるから、そこで俺が捨てるくらいなら下取りしたろうかって言うたんよ。なんかに使えそうな気がして。

 そしたら「マグナムさんあげます」って言うのでもらって帰ったんよ。つまりAVマニアのオッサンが引退するAV女優のために、大枚はたいて買った指輪が、なぜかタダで俺の手元に来たわけ。

 さぁこれをどう使うかでしょ。俺はその夜、新幹線を降りてスグに狙ってた女のいる飲み屋に行って、その子を呼んで東京土産を探してたら、お前に似合いそうやからって中身も見てないのにその指輪をあげたんよ。

 そしたらエライ喜んで、それもタマタマ運のエェことに左手の薬指に測ったようにピッタリ入ったんよ。こんなことなかなかないですよ。

 その夜、アフターでご飯行こうって誘われて、しんどいけど行ったらその後、全然やらしてくれなかった子が、まぁなんということでしょう。ビフォーアフターやないけど今までとはエライ違いで誘って来るわけで、そうなったら後は俺のマグナム砲が火を吹くだけ…。

 結果は女ってこれほど態度が激変できるのかって驚くほど俺にベッタリでしたわ。指輪の出所は別れるまで言わなかったけどね。これを知ったら益々俺を嫌いになるやろうね。

 まぁ時効ってことで許して貰いたいですね。長く遊んでるとこんなこともたまにはあります。現代のわらしべ長者のお話でした。この話をすると、聞いた人全員からクズと罵られますが…。
 

 長々と続いてまいりましたこのコーナーも今月が最終回になります。昔話にお付き合いありがとうございました。

 今、AVも風俗も昔の勢いはないかもしれないけど、未来永劫までなくならない商売です。あなたの欲求を少しでも満たせられたらと頑張っております。どうか今後ともよろしく。またどこかでお会いしましょう。マグナム北斗でした。さようなら。


『マグナム北斗のAVが10…
2016.02.08更新
組長シリーズ
2016.01.11更新

 読者のみなさま、あけましておめでとう。今年もよろしゅう頼みますよ。

 さてこの人達の共通点わかるやろか?

 姫野真理亜井上美樹加山恵美樹まり子…。

 これでわかる人は相当のマニアです。

 では東清美吉田蜜流藤沙月鴇ルリ子みなみ歩…。

 これでもわかる人はいないやろうなぁ? 彼女たちは全員同じシリーズのAVに出演していて、最初の4人は俺の嫁はん役をしてくれた彼女たちです。

 アイビックというメーカーが社運をかけて使えるコネを最大限に使って、安部譲二さんの『塀の外の男と女たち』を原作にした作品を作り上げたんですわ。その1作目から最後の8作目まで、主人公の若頭役をやらせてもらったんですよ。

 1作目では急死した親分の後妻で、若くして未亡人になった姐さん役の姫野真理亜を手籠めにして身体の火照りを埋め、組の実権を握る若頭。2作目以降は完全に姐さんを自分の女にして、あらゆるシノギでのし上がって行くって話ですわ。まぁAVなんでシノギは全部エロなんですけどね。

 二作目は温泉白黒ショーに出る女を薬物でハメるスケコマシの話。三作目は女子高生売春、四作目は裏ビデオ制作…。

 この回の最期に、俺はヒットマンに狙われるのですが、姐さんを盾にして生き延び、五作目では井上美樹を新姐さんにして、六作目は刑務所から出て来た兄貴分との跡目争いと、その彼女の藤沙月とのあれこれがあって、七作目は経営するラッキーホールに面接に来た加山恵美に手を付けて女にし、最後の八作目では何故か姐さんに収まってた樹まり子と、まり子とデキてた若い衆に的にかけられ、俺が撃たれて最終回ですわ。なかなかのドラマでしょ。普通に見てもおもろかったようで、ファンの人もわりといましたよ。

 普段、AVを見ない人が、やくざ映画の代わりに見てくれてたなんてこともあったようです。あえてAVコーナーやなく、邦画コーナーに置いてくれてたレンタル屋もあるって言うてました。ただ、中のSEXシーンはAVですから激しくてね。知らずに借りたらエライことやったなんて話もあったようです。

 一度新幹線の中でその筋の本職の人に「いつも見てるよ。組長シリーズのファンなんだ」って声を掛けられ、弁当をおごってもらった…、なんてこともありました。

 俺、昔の出演してるAVってまったく持ってなくて、昔持ってた奴も人にあげてしまったり、借りパチされて返ってこなかったりで、全然ないんやけど、これだけはもう一回見たいねんなぁ…。

 と言っても古い物やしメーカーはもうないしね。無理やろうね。ドラマとかと違うから、組長シリーズ同窓会なんてのもできひんし、やっても女の子は来ないやろうしね。こればっかりはしゃあないけど、もしどこかで見る機会があったら見て下さい。

 俺も下手な芝居してますが、他の連中も下手ですが一所懸命やってます。高倉健さんにも描いたことのある有名な劇用刺青師の人に描いてもらったのが嬉しかったのを思い出します。


AV男優という仕事
2015.12.07更新

 早いもんで2015年も年の瀬ですよ。今年一年、読者の皆様にはどんな年でしたか? …、なんてありきたりの書き出しをするのも俺らしくない気はするけど、まぁ年に一回ぐらいは真面目な感じもエェやないですか。俺がAVにデビューしたのが1985年…。阪神タイガースが21年ぶりにリーグ優勝、そして唯一の日本一になった年やったね。もうあれから31年も経ったんやね。古い話やわ。

 あの頃はまだAV業界も出来て数年てとこで、まだアダルトビデオなんて言葉もなかった。もちろんAV男優なんて商売もなく、俺らのことは男モデルって言われてた。

 つまりビニール本とか裏本のモデルって扱いでした。それかサオ師ね。今でも俺の感覚はそれかもしれないけど、それがいつの間にかAV男優なんてヤクザな仕事が、それなりに認められるようになるんやからねぇ…。継続は力なりってホンマやね。

 ただAV男優って仕事を世間に認識させる道を作ったのは俺やと思ってます。それまでの男優ってビニ本モデル系の雑誌編集者上がりか、ピンク映画系の役者かのどっちかで、AVが最初って言うのは俺ぐらいからで、同じ時期にデビューしたのが多かったんよ。

 ちょうどその頃がAV界が最初の右肩上がりが収まった頃で、大手が潰れたりする中、新規メーカーがそれ以上に出来まくって、業界は活気付いてたなぁ。仕事には困らなかった。ギャラもスグに上がったしねぇ。

 業界が盛り上がって来ると、エロ本や週刊誌のグラビアをAV女優…、当時はビデギャルと呼ばれてた子達が飾るようになるわけで、写真の次はインタビューとかがいろんなところで出るようになってくるわけですわ。

 ところが女の子はイメージってのがあるのか、今とは違って現場のこととか言わないわけですよ。誰に聞いても将来は女優にとか、聞いても面白くない答えしかしなかったんやね。それならって言うんで共演者の俺達に聞いてみようかって雑誌が出て来たわけ。

 そやけど当時の男優って、しゃべる奴はアホな勘違い野郎とか、余計なこと言うて仕事が減ったらイヤやとかってのが多かった。その中で俺だけが適当やったんやね。聞かれてないことまで言うてまう…、後先考えてなかったんやね。

 ただそれが雑誌にはよかったんでしょう。オモロい男優がおるぞってことになって、俺なんかより数倍ちゃんと仕事をする人より、名前のインパクトと持ち物の喋りとでマスコミには一番取り上げて貰えるようになってた。

 それから引退するまで、大概のことは俺が最初にさせてもらったんちゃうかなぁ? だからなんやかんや言いながら名前だけでも覚えててもらって、引退して27年もやっていけるんでしょう。俺が切り開いた道を、加藤やチョコが広げて今に至ってるんやね。

 さて来年ももう少し俺の昔話に付き合ってください。もしかしたらこの子誰?って思うような子も出て来るかもしれないけど、その時は調べてみてください。来年も宜しく。よいお年を…。


チャネマンフェスティバル
2015.11.09更新

 俺の男優生活は、たった5年間ではあったけど、その間には、いろいろと面白い撮影現場があってね。

 もう精神世界的なものにはとんと疎い俺としては、ロケ中何が起こってるのか結局なんもわからなかったくらい…。まぁ不思議な現場でした。

 俺が引退する頃、やめる前にって代々木忠監督が呼んでくれた『チャネマンフェスティバル』の現場。これがまぁ凄かった…。

 チャネリングって言うのはなんでも、催眠状態でチャンネルが合致すると、快楽までがシンクロして、1人がSEXしてると他の人は何にもしなくても同じような快感に襲われてしまうんやって。

 俺の説明じゃよぉわからんやろうけど、なんせ一組がSEXしてたら、隣に並んだ女が全員同じタイミングでヨガッて、同じタイミングでイクわけよ。これが一階と二階で離れててもそうなるんよ。なんでそうなるかは俺にはわからんけど、とにかくそないなってたわけですわ。

 出演者はベテランチャネラー女優が3人、若手が5人に男優がひびやんと加藤ともう1人の3人で、俺はこの乱痴気騒ぎを仕切る司会者。

 とは言うものの司会者の俺が一番チャネリングってもんを知らないので、司会と言うよりはレポーターみたいなもんやったけど、とにかく一泊二日の撮影の間、とにかく女のアへ声が響き渡り続けるわけですよ。

 そりゃそうでしょ、一組やってたら、その周りの女が全員声出してるんやもん。アへ声がユニゾンで聞こえて来るわけやからもうやかましいてしゃあない。若手5人対男1人やらベテラン3人対男優2人、他にもそれを横で聞いててまたチャネリングしてヨガって…の繰り返し。

 あんまり激しいのが長く続くんで、俺も最初はいろいろ質問をぶつけたりはしたんやけど、段々わけわからんと言うか、アホらしなって来てね。

 だってチャネリングってスイッチさえ入ったら、もう男の仕事なんて腰振るだけなんやもん。こんなんオモロないやんなぁ、男としては。と思ってたんやけど、これがまた違ってね。

 実はこの撮影の帰りに若手の1人と仲良くなって、彼女の家に行ってそのまま付き合うことになったんやけど、家でSEXしてると勝手にイッてくれるんですよ。

 なんでも彼女曰く「マグちゃんの脳波とチャネリングしてるから、マグちゃんがイクと私もイクの。何回やってもそうなる」ってホンマかウソか知らんけど、彼女がそない言うんやからまぁしゃあないやないですか。

 おかげで彼女とする時はイクことさえすれば何も余計なことはしなくてよくなったわけ。やりたくなったら濡れてるし、俺が出したらイクわけやからもう楽でね。楽過ぎて他の女とやったら下手になったし雑になってマグちゃん違うとか言われて、こんな浮気防止法もあるんかと驚いたのを覚えてます。

 しかしまぁあのチャネリングFUCKってなんやったんやろうなぁ? 代々木さんの世界なんやけど、出来上がり見てないんよね。一回見てみたいなぁ…。俺はちゃんとまとめられてたんか知りたいわ。



斉藤唯
2015.10.12更新

 AV女優と呼ばれる前はなんて言われてたか覚えてる人はもう相当の歳か、それとも業界関係者なのか…?

 俺がやりだした頃はモデルから始まって定着したのはビデオ女優かビデギャルって呼び名。ちなみに男は男モデルからビデオ男優…。あるいはサオ師なんて言われてた。まぁ個人的にはAV男優よりサオ師の方がダークな感じで好きなんやけど…。

 このコーナーも長くなって来て、いろいろ思い出すと、女のことだけやなく、他のことも思い出されてしまってね。俺にはあんまり似合いませんが、最近のAV業界の社会への浸透度を見てると、昔の妖しさとかいかがわしさが懐かしく思えるときもあるんですわ。

 実際、近頃は撮影後の打ち上げもなきゃ、共演者が帰りに飲みに行くなんてことはまぁないそうです。俺が現役の頃はそれが楽しみで仕事してたくらいやったんで、とにかく撮影を早く終わらすことしか考えてなかった。たぶん今なら干されてるよ、きっと。

 当時はとにかくたまり場的な飲み屋が何軒かあって、そこに行けば誰かおるって感じやったから、カラミはしたことないのに酒だけはよぉ飲んだ女優とかも多いんですよ。

 斉藤唯はそんな感じの一人で、あれは速水健二が最初連れてきたんやったやろうか? 彼らがBOXで飲んでて、俺がカウンターで別のAV女優口説いてたりしてね。そんなとこを何回か見られてるから、酔っ払ってもなんかあるはずもなく、仕事の話が出来る友人て感じでしたわ、俺はね。

 速水健二は狙ってたはずです。ヤレたのかはわからんけどね。彼女は幼児体型で唇が厚くて、昔のダッチワイフみたいな顔しててね。愛嬌のある子でした。それよりとにかくフェラチオが上手かったの覚えてますわ。ノドの奥まで入れて先っぽにノドチンコが当たって嗚咽するのを我慢して涙流しながらするんよ。これがまぁキモチエェんよ。

 なんで覚えてるんやろ? 仕事したっけ? 仕事やなかったらどこで? 覚えてないなぁ…。彼女はカラミとかより酒の席のことしか覚えてないんよ。よぉ?飲むねん、これがまた。それで強いんはエェけど酒癖が悪い

 まぁ冴島奈緒が一番悪かったとは思うけど、唯もなかなか大したもんで、奈緒と二人で渋谷で飲んだくれてたら、見知らぬオジさんに「若い女の子がこんな飲み方してちゃいかん!」て説教されたって言うてたからよっぽど悪いねんで。一緒に二丁目でよく飲んだけど、とにかく口が悪くなるって言うか、なんでも言うてまうんよね。

 ゲイやってみんなが隠してるのに、本人にホモなんでしょって彼女の前で聞いたらアカンやんか。

 そんな唯ですが、後に
RACCO組って3人組でCDデビューして、新宿音楽祭で銅賞かなんか貰ったんやなかったかなぁ? 今で言うAVアイドルのはしりかもしれへんね。今で言うたら恵比寿マスカッツみたいなもんか。

 マスカッツは男性共演者と遊びに行くことはないとは思うけどね。昔は適当でよかったよ。

北村舞子
2015.09.07更新

 夏も行ってしまったと言うにはまだ早い気はするけど、一応は夏の終りも近づいてます。夏の名残と言えば、最近は見なくなったのがモデルの水着の跡

 小麦色の肌に乳とデルタゾーンだけが白いのがまた何とも言えない気もしたんやけど、近頃はUV対策とかでほとんど焼いてるAV女優はおらんようになったね。実際、俺が現役だった三十年前でも日焼け禁止とか言われてたしね。

 ただまぁ当時は割とアバウトやったけど、今なんか日焼けしてる子なんて企画モノにしか出て来ないもんな。それか特殊メイクのように水着跡を書いてるもん。

 そない思ったら北村舞子は当時にしても珍しいタイプやったかもしれへんわ。おにゃん子クラブが一世を風靡していた頃、にっかつ主導でエロ業界にはよくあるパチモンのグループで『ロマン子クラブ』ってのがあってね。新田恵利のそっくりさんの新田恵美とかがいてね。一応、会員番号とかもあって、舞子は何番やったか忘れたけど、そのメンバーではあったんやけど、彼女一人だけアイドルっぽくなかったんよ。

 キリッとした猫目と小麦色の肌にクッキリ水着の跡が印象的で、他の子らのアイドルっぽい感じとは一線を画した色気のある子やったのを覚えてるわ。デビューの時の相手が何故か俺でね。

 ハードなコメディタッチな感じやったんやけど、ロケの一日目が終わって全員で飯食いに行ったんよ。そしたら最終電車が無くなって、タクシーで帰るか現場に泊まるかって話になったんよね。そしたら次の日が早いから泊まるってことになって、1人で泊まりたくないから一緒に泊まってくれって頼まれたんよ。

 まぁ世間知らずと言うか怖いもの知らずと言うか…、新人やったんで何も知らんかったんやろうね。ロケ現場に戻ってきて、二人でもうちょっとだけ飲んで、結構ハードな撮影やったから疲れてて、ナンもせんと寝ようと思ってたんやけどねぇ…。

 やっぱり若かったんやろうか? それとも撮影でテンション上がってたんやろうか? 疲れ切ってるはずやったのにどちらからともなく一緒に寝て、気が付いたら上で腰振られてたね。薄暗い部屋でお乳とデルタゾーンだけが白くて、凄くリズミカルに動きながらヨガリ声を上げてたね。カメラも回ってないのに、腰を振りながら髪を掻き乱す女って初めてやったから、凄い記憶に残ってるんよ。

 個人的にタイプの顔ではなかったのに、この時のSEXの印象が凄く残ってたわ。なんやろう? その日の夜は何回したか覚えてないんよね。一晩中やってたような気がずっとしてたわ。

 その後、彼女と逢うこともなかったから、ホンマにあの夜だけのことやったわ。最近は日焼けした女の子も少ないし、黒い子は黒過ぎるしなぁ…。

 でも水着の跡ってそこはかとなくいやらしい気がするんよね。それも若い頃の思い出…。水着の跡を見ると、夏の日のことをいっぱい思い出すわ。あんな女こんな女…、ぎょうさん遊んだなぁ…。

 

有希蘭
2015.08.03更新
 先月に続いて淫乱ブームのスターの話。インパクトなら豊丸やけど、実力ならこっちが上ちゃうかって思ったのが『有希蘭』。

 彼女はとにかく凄かった。SEXして凄いと思わせる女って、こっちゃプロなんやからそうはないんやけど、世の中にはいろんなのがおるなぁって感心したわ。

 デビューの相手したんやけど、とにかくナニしてもヨガリまくるんよ。
豊丸の出現でアソコに大根が入るとか、巨大ディルドゥが入るとかには慣れてはいたけ ど、彼女の凄さは当時19歳で、田舎から大学に出て来て半年ほどで、処女喪失は大学入ってからって言うから、半年でどこまで進化するねんて感じでしょ。

 本人に聞くと、田舎におる時から性の興味が止まらなくて、オナニーしまくってて、男を知る前から大根は入れてたって言うんよ。小学生の弟と風呂入った時に咥えたのが初フェラやったとか、大学で上京した時からテレクラに電話しまくって、そこで初めて本物を入れてキモチよくて、百人ほど寝た頃にスカウトされて、断る理由もなく今日に至ったって言うてたけど、それがまったく大袈裟じゃないくらい感じまくってイキまくる…。

 こんな子は俺の男優人生の中で見たことなかったよ。アレはいったいどうなってたんやろうねって感じ。

 事前の打ち合わせで、とにかくやってみるって話になってたんやろうけど、大根にディルドゥにフィストのチンチン2本でもなんでも来いで、人生初のアナル SEXでも痛いとも言わずにイキまくるし、とにかく何でも入ればヨガる彼女のアソコはまさに「快楽のブラックホール」…。

 もう一人の男優が並木翔で良かったよ。彼はナンボでも連発ができるんでね。俺は一発必中のプレミア男優やったから…、これはまぁウソですが、とにかくカラミは多いし出番は多いし、ギャラの割が合わん仕事やったのは覚えてますわ。

 撮影現場に彼女の事務所の社長が来てて、彼女の壮絶なアソコパフォーマンスを見ながら、コッソリ拳を握りしめて小声で「ヨシッ! これは儲かるぞ!」って言うたのが、物凄くリアルにゲッスいなぁって思ったわ。まぁ女の子は商品やから、気持ちはわかるけどね。心の声が聞こえるくらい力入ったんやろうね。

 そんな彼女はAV界をアッと言わせて働きまくって、仕事なんか趣味なんかわからんくらいイキまくって、後にドンキー草薙って男優と組んでストリップで白黒ショーで全国を回るんやけど、舞台でしながら合間の楽屋でもSEXしてるから煩くてかなわんて知り合いのストリッパーが迷惑してるって嘆いてたなぁ。

 18歳からSEX三昧の日々で、やりまくったのに彼氏と呼べたのはドンキー1人。彼氏ができて幸せにやってたようですが、彼女は酔って自転車でコケて、頭打った打ち所が悪くて24歳の若さで亡くなったと聞きました。

 この業界も長くなりましたが、本物のSEXマシーンと呼べるのは彼女だけちゃうかなぁ…。そんな気がしますわ。


沙也加
2015.07.06更新
 世間には毎年必ず、自然発生なのか仕組まれたものなのかはわからないが、いろんなブームがおこるよね。AV業界も御多分に漏れず○○ブームってのが大きかったり小さかったりするものの間違いなくあります。

 熟女ブームなんかは世間まで巻き込んで完全に市民権を得て困ってるけど、美少女ブームや巨乳ブーム、隠語ブームやら手コキに痴女にもう考えられそうなものは全て出たくらいかもしれへんけど、俺の現役の頃には『淫乱ブーム』なんてのが業界を席巻したんですよ。 今じゃ普通かもしれへんけど、当時のAVってわりと可愛い子が脱いでSEXしてりゃそれで成立してたのが、SEX好きですって普通に言うて仕事を楽しむようなのが出て来たんですよ。 その中に豊丸とかが出て来てアソコに大根が入ってもヨガるとかが淫乱なのかって勘違いする、よぉ〜わからん展開をしていくんやけど、この時出て来たのが『沙也加』でした。

 初めてオナニーしたのは幼稚園の時にアソコを擦り付ける快感を覚えたとか、やりながら首を絞められると気持ちエェとか、ホンマやったんかウソやったんかわからんけど、過激な発言と過激なカラミで一世を風靡したのがおったんよ。

 顔は大したことないし乳はないし、特にどこがエェってこともなかったんやけどね。ちっこいヤンキー風のスケベな女ってわりと男に好かれたんやろうか…。引っ越しを手伝ったデビュー間もない加藤鷹が毎日家に来て困るとか言うてたなぁ…。もう30年前のことやけどな。

 とにかくこいつのロケは隠しカメラって言うか、仕込みが入ることが多くてね。泊りのロケで寝てる部屋に遊びに来いって誘って来るんやけど、そこには間違いなく隠しカメラが仕掛けてあって、今で言うたら特典映像みたいな感じで夜這いかけたのを使われるわけですわ。今と違って当時の男優は適当やったんですよ。撮影でもないのに裏でやってるなんてこともあったわけです。そやからコッソリ誘われたらホイホイ行きよるんですわ。次の日の朝起きたら二人だけの秘密のはずが全員にバレててね。

 そんな撮影ぎょうさんありました。沙也加に聞いたら、誘って来なかったら仕方がないけど、来てくれたら撮らなきゃもったいないでしょって、そんなこと言われてもって感じですよ。運よく俺は引っ掛りませんでしたけどね。

 なんやろう? 引っ掛ける方が向いてると監督にバレてたんやろか? スカトロでお馴染みやった山本竜二には「うんこしてるトコ見せたげる」ってトイレに誘って、そこにまんまと竜ちゃんが入ってきて、そこにはまたカメラが隠してあって…。

 この男は何回も引っ掛ってたなぁ。まぁ竜ちゃんはオモシロきゃワザとでも引っ掛かりに行く方やからね。こういうのはヤラセがないのが楽しいわ。今はこんなことは出来ないんからなぁ。エロはこのくらいラフにやって欲しいけど、今はこんな女もおらんのやろうなぁ。やりたい放題の意味が違うけど、おもろかったよ。


貝満ひとみ
2015.06.01更新
 あれはもう男優引退を宣言した後やった。世話になった監督からの電話で出演を依頼された。

こういうロケはお前がいてくれないとつまらないから、司会だけでいいから出てくれないか?」

 ホンマのことを言うとあまり出たくはなかったんよ。今さらって感じがしたしね。
 でもお前しかおらんとか言われると、やっぱり悪い気はしないわけで、司会するぐらいならエェかとOKしたのが運の尽きやったね。

 撮影当日、集合場所の浜松町に行ったら、屋形船を貸し切って撮影するという大掛かりなもの。そりゃ司会もいるよなぁと思っていたら…。男優やってて初めての共演でした。

 なんと新人AV女優とお見合いをする司会やったんやけど、その相手っていうのがワニ。これが当時一大センセーションを巻き起こした貝満ひとみの『ワニギャル屋形船でいくーっ!』ってデビュー作やったわけです。

 それにしてもなんでワニやったのかはいまだわかりません。ワニのペニスなど小さくて人間とデキるわけもないので、ワニの背中に擦り付けてオナニーするくらいしかないのに、とにかく彼女はワニとやった女として一世を風靡するですが、それの出会いを作ったのが俺ってことですわ。

 それでもAVやからワニの背中で出っ張りでオナニーしてるだけじゃどうにもならないので、当然男優のカラミがあるわけで、その日は若手の経験の浅い男優が3人ほどいたんかなぁ?

 ワニや取材陣が見守る中、撮影が始まったんやけど、これが船の上やし、先の宴会シーンで揚げたての天ぷらとビールとかやってるからなのか、船酔いする男優はまったく使えず、勃起した奴は酷い早漏で一発目を入れる前に溢し、二発目は入れてスグにまた溢してまともなカラミにならず、最後の一人は起ちもしないんでどうにもならない…。

 つまりAVとして成立するんかいなってくらいエロいシーンが撮れてないわけですよ。このままじゃどうしようもない。だからと言って船は東京湾のど真ん中に停泊中で、男優を急きょ呼び出して補強することも無理。しかも外撮りなんで太陽が沈んだら撮れないので時間が限られている…。その場にいる全員の眼が俺に集中するのはしゃあないことなのはわかるんよ。
 
 でもね…。俺は司会しかしないって約束やったわけで、男優の保険ではないわけでしょ。監督が哀願するように頼んでは来たけど、これは断りましたよ。

 でもね…。現場を知ってると、ここは何とかしてやりたいと思うのとにかくも人でしょ。しかもやりなれた仕事なわけやからねぇ…。やりました。俺しかおらんのやからしゃあないですよ。ワニに負けたら人としてアカンでしょ。ワニより人のがエェって教えておきました。

 なぜか責任を感じた男優が突然海に飛び込んだりしてね。話題にもなったし見た人もいるかもしれないね。しかしあれ以来、ワニのAV出演は聞かないね。向いてないってメーカーがわかったのか? それとも共演者がいればまたあるんかなぁ…? ない気がするなぁ…。



薬師丸ひろ美
2015.05.05更新
 今の時代にもタレントのそっくりさんのAV女優っておるんやろうか? 当然おるよね。よく俺を師匠ってなついてた紋舞らんなんて、誰がどう見ても松浦亜弥に似てるってウリやったもんなぁ。リア・ディゾンのそっくりさんでリナ・ディゾンなんてのもおったのは覚えてる。

 ただ最近は元ネタのタレントがあからさまに嫌がるのか…、まぁ喜んでる子はおらんやろうけど、事務所が文句つけるのか、そうされたら面倒やからなのか知らんけど、パッとみてスグわかるようなバッタモン的な名前の付け方は少ないみたいやから、俺らくらいのオッサンになると、もう誰のパチモンかもわからへんのよね。

 その点、我々の頃はセキュリティが甘いのか、コンプライアンスがエェ加減やったのかパチモノ名前は出放題。

 新田恵美、松友伊代、荻野目翔子、早見優子、幸田アーミン、飯島愛、飯島恋…、そりゃもうナンボでもおった。

 名前を見たら誰に似てたかは一目瞭然。ちなみに飯島愛はデビュー当時は飯島直子に似てたから付けた芸名で、それに似てたから飯島恋…。パチモンのもう一つパチモンも出たわけです。

 まぁでもこいつらがホンマに似てたかと言えば、ウーンどうやろってのもおったし、本人よりエェんちゃうかってのもおりました。これはもう見る人にが見ればってのも多かったね。

 そんな中で薬師丸ひろ美って子がいてね。もちろん薬師丸ひろ子のそっくりさんなんやけど、似てると言えば似てるけどって感じやったと思うわ。ただこの子は凄く印象に残ってます。とにかく印象的でした。

 なんせ喋らないんよ。ホンマにアへ声も全然出ない。全くの無音。こんな感じで撮影しますって説明しても、返事の声もほとんど蚊の鳴くような声で、もうこれはどないもならんのよ。あれは大変やったなぁ。

 あんまり声が出ないから、山本竜二なんか「パパンパパパパパンパパン」て何回も彼女の耳元で言うてんねん。俺はすぐにわかったんやけど、他のスタッフも誰も意味がわからへん。

「竜二さん、さっきかささらナニ言ってんだろう?」って言うから、「あれは青江美奈の『伊勢佐木町ブルース』やん。パパンパパパパパンパパンと来たら、アーンアーンやろ」って、そんなもん誰がわかりますかって爆笑されたけど、そのくらいしてもウンともスンとも言わない子で、これでよぉ〜AVになるんかいなって思ったら、面白くはないけどそれなりのもんが出来上がるんですよ。

 しかもパッケージはファンからしたら上出来なわけでしょ。ものスゴイ清純な子が脱いで男とSEXしてるもんやから、それなりに売れてしまうわけですわ。

 撮影が大変やし、時間も掛かるし面白くないのはわかってても、メーカーは撮ってしまうわけですよ。こういう時、男優はツライなぁって思いましたね。今じゃこんな撮影はないんちゃうか?あの頃は女は脱げるだけでよかったから、こんなこともあったんですよ。

52回目の誕生日
2015.04.06更新
25年前の『女装男子』
2015.03.09更新
 俺の名前をここまでにしたAVっていうジャンルも、いよいよネタ切れなんかなぁ。去年から密かにブームになってるのが『女装男子』ってやつ。

 整形もホルモン注射もしてないけど女装してて可愛い男の子らしいけど、それって女装ホモビデオちゃうのって感じやけどね。何が流行るかわからんわ。とこ ろが俺の現役だった25年前に「どうせ俺が撮るなら俺しか撮れないものを!」って可愛い子しか売れなかった時代にシーメールってジャンルを確立させた男が いたんですわ。俺の友人、カルト男優・
山本竜二その人です。

 それまでに全身改造してあるキレイなニューハーフ物はあったものの、どうせモザイクが入って見えへんのなら、女でもオカマでもかわらんやないか…。上は女でも下は完全に男だから面白いとか言うて、シリーズで6本撮ったはずですわ。そのうち前半の3本に俺が関わりました。

 ちょうど俺が男優引退ロードを歩いてる頃、ホンマは俺に男優として出てほしかったみたいで、だいぶ口説かれはしたんやけど、俺はどうしてもイヤやったんよ。他人のチンチンも嫌いなら、男の尻もどうしてもイヤやったんでカラミはしたくないって断ったんよ。

 そしたら竜ちゃんはメジャーメーカー初監督やったんで不安が大きいから、とにかく気心が知れてる俺を傍に置いときたかったみたいで、なんでもエェからと にかく現場におってくれって頼まれて、制作という名の現場の飯炊きで付き合ったんですわ。ついでに運転手で俺の使いやすい奴を一人連れて行ってもいいと言 われて、卒業間近の学生とか、仲のいい売れない芸人に「AVの撮影現場を見られて、ちょっとだけ俺の仕事を手伝うだけで、取っ払いでギャラまで貰える美味しいバイトせぇへんか?」って声掛けたら毎回ホイホイ付いて来たなぁ…。

 いきなり朝の集合場所で主役の女に髭が生えてきてるのを見てショック受けてたけど…。まぁ、彼らにも滅多にできない経験でよかったでしょ。世の中はそんなに甘くないってことを知ったかもしれへんね。

 シーメールEVE、アキ、マコってもしどこかで見つけたら見て下さいよ。怖くなかったら。俺も毎回チョイ役で出てます。それから十数年経ってニューハー フ物の現場に付き合ったら、出てる男優全員が尺八してたのには驚いたね。なんでそんなことできるねんて聞いたら、思い切ってやってみたら意外とできて、女優の気持ちがわかってよかったとか言うてたけど、俺はその時、ホンマに引退しといてよかったと思ったね。だってギャラ聞いたら俺の半分くらいやったんやも ん。俺の頃から比べて格段に厳しい世界になったんやなぁって思いましたわ。

 普通のAVに飽きてきたら、たまにはこんなんもどうでしょうか? 実際できないから映像で見る。見るだけなら変態と呼ばれることもないからね。ただ彼女に見つからないようにはして下さい。俺もサンプルもらってたのを見られて説明に往生したんやから…。

唯一の熟女体験
2015.02.09更新
岡本沙弥≪後篇≫
2015.01.12更新
岡本沙弥≪前篇≫
2014.12.15更新
 撮影で知り合ったAV女優と付き合ったり惚れたりすることってあるのって聞かれることがあるけど、遊びではぎょうさんしたけど、惚れたのは数人やね。

 岡本沙弥って子がいたんやけど、彼女はホンキになった1人…。ムチャクチャ売れたわけじゃないけど色白で可愛い子でした。俺の第一印象って最悪やったらしいんよ。撮影が朝からやからって前日現場に入ったら、俺らの現場が打ち上げで飲んでるところで、俺がまたイケイケの頃やからドコの店の女をやったとか、どこでナンパしてあーしたこーしたって話をしまくってたわけよ。そりゃ印象エェわけないよな。自分の共演者やなくてホンマによかったって思ったらしいわ。

 それが数ヶ月後には愛し合うんやから人ってわからんのやけど…。2度目の出会いも現場で、今回は相手役と言っても彼女は本番ナシの擬似の子でした。当時は半分は擬似やったからねぇ。今とはエライ違いでしょ。

 でも俺はまったく覚えてなかったんよ。朝、おはようございますって挨拶して、今日の子は可愛いなって思っただけ。そしたら彼女が言うてきたんよね。
「私のこと覚えてますか?」って。全然わかれへんから「誰? どっかでナンパした?」って聞いたんやけど「思い出すまで教えない」とか言われてねぇ。撮影中、どこで逢ったかしか考えてなかったね。

 それでも全然わからなくてカラミも終わってもう帰ろうかって時に打ち上げでアホな話してるところにいたってことを聞いて…、そんなもん覚えてるわけないやんなぁ。

 それでもなんとかツナギを取っておきたくて、帰り際の一瞬に名刺を渡して言うたんよ。

「もうすぐバレンタインデーやん。俺のことをクズと思っててもエェからチョコレートくれへんか? ツレと勝負しててなぁ…。勝ちたいからちょうだい」って。まさかないって話やけど、アクションせな絶対ないわけで、言うだけ言うといたんよ。そしたらなんと、バレンタインデー当日にチョコレートを贈ってくれたんですよ。もうビックリよ。まさか来ると思ってへんもん。

 あとで聞いたら、とにかく俺って男の第一印象は最悪やし、仕事で逢った男となんて考えたこともなかったんやって。ところが強引にチョコくれって言われて、最初はなんでアタシがそんなことをせなアカンのって無視してたのが、当日が近づいてくるにつれて、もしアタシが上げなくて負けたら可哀想やなって思うようになってきたんやって。それで贈ってくれたんよ。男と女はホンマにオモロイもんですわ。

 数日後御礼をするつもりで食事に行って、話が盛り上がってっていうかとにかく盛り上げて、ブルーハーツの『君のため』歌って口説いて…。

 俺の部屋に連れ込んだら、ナニかの間違いで他の女が部屋に来て修羅場になりかかるところを丸く収めて、翌日からは俺の部屋は危険すぎるんで、彼女の部屋に転がり込んでね…。エェ女でしたよ。この続き読みたい人おるんやろうか? おるなら来月続き書くよ。

 いなきゃ別の話にするね。



『ショッキング・タッチ 危険な情事』(1991・イメージボックス)
AVW〜アダルト・ビデオ…
2014.11.10更新
 これは俺が男優を引退した後、シャレで出演してた作品の話。

 結構シリーズ化してたんで知ってる人もおるかもしれへんけど、AVWってのがあったんですよ。

 アダルト・ビデオ・レスリングの略でAVW。リング上でAV女優が真面目にプロレスをして、負けた方がリング上でヤラれるっていうシンプルかつ、なんでそんなとこでせなアカンねんて話。

 初期の頃はスタジオで地味にやってたらしいんやけど、回を追うごとにメーカーも悪ノリしてきて、俺が参加しだした頃は埼玉某所のスタジオにエキストラ募集して客を集めて、リングもプロ仕様の本格的なものに。

 前日からAV女優にプロレス特訓までする力の入れようで、最終回の頃にはエキストラが500人くらい集まってて、遠くは富山県から原チャリで来た奴やら、台湾から飛行機で来た奴もおったなぁ。

 ギャラ100円でよぉ来るよと思ったけど、好きな人にはたまらん企画やったんやろうね。そりゃ交通費自腹でも戦いどころかカラミまで100円もらって見られるんやからね。とはいえ大人が500人…。日本は平和やと思ったよ

 撮影日は1日しかないから朝からとにかく芝居をして、プロレスまがいのことをやって、終ったらSEXして、終ったらまた試合してSEXしての繰り返し…。頭痛くなったわ。

 でも何作もやってると、AV女優にも素質があったりする子がいたり、過去のスポーツ経験がこんなところで生きたりしてくるんがオモロかったね。

 実は少林寺拳法二段やとか、柔道二段の子がおったり、ムーンソルトプレスを練習してできるようになったやつ。元不良で喧嘩で逮捕歴ありの奴もおるし、619とか不知火なんて必殺技を使えるようになる子もおってね。これがソコソコ様にはなってくるんですよ。

 まぁ逆にナンボやっても覚えなられないのに根性だけはあるのもおったけど…。 ちなみにその回のメインの紋舞らんは何もできんかったね。まぁ彼女はそれでエェんでしょう…、なんせ松浦亜弥に似てたのは間違いないからね。

 試合の合間に本編には使えない松浦亜弥の唄を口パクで歌って、会場人気はとんでもなかったけど。

 余談ですが紋舞らんと初めて仕事をしたとき、俺の喋りに惚れましたって弟子入り志願してきたなぁ。今はお母ちゃんになったらしいけど、元気でおって欲しいなぁ…。

 そんなことより、AVWシリーズは今後日本では出てこないんちゃうやろか?チョコボール向井がレスラーもやってた関係で、本物のプロレスラーも試合には参加してるし、客の前でカラミやるってのはホンマに大変なことなんやけど、ベテラン男優がキッチリ仕事してるから内容はしっかりしてるしね。女優は普段と違う顔してるしなぁ…。

 またこんな作品ないんやろか? 制作費が結構かかるからなぁ…。こんなアホなことするメーカーとか監督がまた出てくることを期待したいね。

村上麗奈/豊丸
2014.08.19更新
クソ生意気なわがまま女▼村上麗奈

 村上麗奈って子覚えてますか? 某国の皇太子としたとかしないとかで週刊誌を賑わしたこともある、エキゾチックなベッピンさんで、当時はかなりの人気やったんですよ。アイドル映画にエェ役で出てたぐらいやから相当なもんです。

 ところがねぇ…、俺はこいつホンマにキライやったんですよ。
 キレイではあるけど好みの顔でもなかったし、何よりクソ生意気なわがまま女でねぇ。女王様気取りというか、当時の業界にはけっこうおった勘違い女の最たるもんやったんですよ。

 初めて仕事したのは伊豆の下田でロケやったんよ。別の仕事の都合で後ノリした俺に監督が言うたんよ。
『マグちゃん、今日の子は一番マグちゃんに合わない子やけど、とにかく終わるまでは辛抱しててな』ってね。

 そない言われたら辛抱するしかないんで大人しくしてたんやけど、まぁワガママな子でね。何回も暴れそうになったんやけど、とにかく我慢して翌日まで撮影して、やっと帰れるって車に乗ったら、これまた勝手なこと言うわけよ。
 東京着いたらDISCOに行くから、それまでにテンション上げときたいとかなんとか…。

 そんなもんこっちは疲れきってて、ちょっとでも寝て帰りたいわけですよ。それに踊りに行くなら体力を回復するために寝とく方がエェと思うんやけどね。彼女はそうやないんよ。とにかく車の中でも曲ガンガンかけてたいみたい。
 それでも下田から東京なら約4時間は掛かるんで、この状態が4時間続いたらナンボなんでももたへんと思ったんで、アンタは元気でも他の人間は疲れてるんやから、ちょっと大人しくしてくれへんかなぁって頼んだんよ。
 そしたらアタシが聞きたいって言ってるのにとか言うたと思うわ。

 俺にはその一言が琴線に触れたんやね。ピキッ!って音がしたような気がするわ。

 思わず『ワレ、調子に乗っ取ったらシバキ上げんぞダボッ! 撮るもん撮ったらオンドレの気ままに付き合うたる必要ないんじゃ! このまま道に放っていかれたなかったら黙って大人しいしとかんかい!』…。

 その後は東京までは静かな車内でしたね。ちょっとヤリ過ぎた感じはしたけど、まぁこの先逢うこともないからエェくらいに思ってたら、しばらくして彼女から指名が掛かって驚いたね。
 仕返しでもする気で呼ばれたんちゃうかって、断ろうかと思ったりもしたんやけど、なんかオモロそうやから受けて、当日現場に行ったら別人かと思うくらいエェ子になっててビックリしたわ。
 何でも業界に入って初めて本気で叱ってくれて嬉しかったとか…。もうようわからんわ。

 2日撮りを1日にした理由が踊りに行きたかったからとか、ある現場で朝の一言目の挨拶が『今日は私を怒らせないでね』やったとか…。全然反省してへんがな。

 当時はそんな子も結構おって、相手する方は大変やったんですよ。
 最近の現場ではこういうタイプはホンマに少なくなって、やりやすいらしいけど、逆に癖のある子が減ってオモロないかもしれへんね。

御藤静/林由美香
2014.06.10更新
とんでもない名品を持つ女▶御藤静

 もし、日本のAVにモザイクが入ってなかったら…。
 その後のAV界の図式が変わってたと思うんよね。俺の時代は俗に言う擬似ってのが半分くらいあったから、たまに裏で流れると、アソコは見えても入ってなくてブラブラさせてる絵はホンマにマヌケやったもんなぁ…。
 ただ逆に、モザイクが入るからこれだけ女の子の質が上がったのも間違いない。まぁ、痛し痒しってとこやろうか…。  なんでこんな話をいきなり書いたかって言うと、ある女優の話をするため…。

 彼女の名は御藤静…。

 俺が現役の頃、一度仕事をして、その後スター街道を歩んでもいいくらいやったのに、数本の作品を残してあっさり辞めてしまった。  業界ではこんな子がホンマに山ほどおるんやけど、彼女のことは特別印象に残ってるんや。ホンマにキレイやった…。

 俺の現役時代を通してもダントツにキレイな子やったから、そりゃ簡単には忘れられへんよ。もしもがあるなら、もう一回逢いたい…。いや、見たい。俺の女遍歴で一番キレイやったのは間違いなく彼女です。

 あの撮影現場にいた人間なら誰もが言うと思うよ。散々見てきた俺らが声を揃えるくらいキレイやったわ。

 あの日は朝からスチール写真を撮って、イメージシーンを撮って、休憩で昼飯食うてるまではサッパリわからんかったんよ。いつもの普通の撮影。

 色白で巨乳で、俺の好みではあったけど、それ以外はAVの撮影現場としては特に変わったことのないいつものこと。チャッチャと終わらせてギャラ貰って飲みに誘うかぐらいに思ってた。

 それがカラミの撮影に入ってからが衝撃的やった。
 普通にキスから始まって首筋から白い肌に吸い付くような巨乳を愛撫し、俺のゴッドハンドがアソコへ…。充分濡らした後は両脚を大きく広げてさぁクンニって時に思わず流れが止まってしまった。

「なんやこれ!」。

 俺の眼前に広がっている彼女のアソコを見たときの感想はこれしか出なかった。

「ちょっ、ちょっとカメラ止めてくれ」と思わず叫んでしまった。

 なんや? どないしたんや? と集まってくるスタッフ。「これ見てくれ」と俺が言うたらスタッフ全員がアソコを覗き込んだ…。
 その瞬間「ハァ?」「ヘェ?」。そこら中で上がる感嘆の声。
 突然のリアクションに彼女はなにがあったのかわからなくて「どうしたの? 私、何か変?」と聞いた。

 俺はそれにこう答えた。

「キレイやわ。こんなキレイなアソコ、生まれて初めて見たわ」。

 そう…。彼女のアソコは信じられない綺麗な薄いピンク色したとんでもない名品やったんよ。百戦錬磨のスタッフも過去にこれほどキレイなアソコを見たことないって全員が言うてた。あんまりキレイなんで、舐めて満足してもうたんか、終わってから誘うの忘れてエライ後悔したわ。結局、その後仕事で逢うことはなかったからねぇ。今頃どうしてるんやろうなぁ。

 あの時は、男優やっててよかったって思ったね。ボカシの向こうが見られても、触れるのは男優だけやし…。  見るよりヤル方が楽しいもんな。


『エー・エス・ジェイ/Legend 御藤静』
日本に潮吹きを広めた女…
2014.04.21更新
 近頃はAVと言えば猫も杓子も潮を噴かなきゃ始まらんてな感じで、潮噴きなんて珍しくもないでしょうが、俺が現役の頃は滅多にいなくてね。いないって言うかその頃に出現したんよ。

 そんな業界のパイオニアの一人に、仲村梨沙って子がいたのを知ってるのはかなりのAV狂やろうなぁ? 可愛いのに潮噴きとディープスロートで人気やったねぇ。初共演の時は、当時半分くらいはそうやった本番ナシ…。業界的には擬似ってやつで、せんでエェから楽な仕事なんですわ。それっぽく見せるのは技術がいるけど、勃たなくても出さなくてもエェから体力的には非常に楽な仕事やったわけです。

 その日も夕方になる前には二人とも出番終わって、俺はギャラを貰って女と飲みに行くか、ナンパでもしに踊りにでも行くかって感じやったんよ。

 そんな時、監督が俺にこう言うてん。
「マグナム、おめぇせっかく早く終わったんだから、たまには飯でも連れてってやれよ」ってね。

 いま思えばなんでそんなことを監督が言うたのかはわからんけど、そない言われたら誘わないわけにもいかんやん。何もないなら飯でも行けへんかって誘ったんよ。そしたら、特にノリのエェ女でもない梨沙が『どこ連れて行ってくれるの?』って乗って来たんよ。ビックリしたね。

 確かに現場の帰りにお持ち帰りが得意な俺でも、特に口説くこともなきゃ、長い時間しゃべったわけでもない。撮影で数時間肌を合わせただけやもん。ナンボ俺でもこんな上手いこと行く話はないですわ。そんなウソみたいな流れで飯に行き、他愛もない話で盛り上がってるうちにホテル行こうかってなるのがマグナム流…。撮影終了から6時間もせんうちに続きを始めてました。

 ノッてるときってこんなもんやと思うけど、それにしても出来過ぎですよ。

 この後、1年ほど付き合うことになるとは、この時はまったく思わんかったけどね。

 ヤッてる最中、梨沙がスゴイ感じ出したかと思うと、ヘソの下辺りに生温かい液体がビシャビシャビシャってかかったんよ。これが潮やと知ったのは、ヤリ終わった後。本人がそう言うてました。俺の潮噴き初体験は指やなくてマグナム砲やったわけです。

 今まで指でしか噴いたことなかったのが、SEXで噴いたのが嬉しかったのかキモチよかったのか、これで完全にハマッたみたい。元々、誘われて付いて来たのは、撮影でマグナム砲を咥えてて、これを入れたらどのくらいキモチいいんだろうって考えてたらしいんよ。そこを誘われたから、このチャンスを逃したらアカンて思ったんやって。人間、思い立ったらヤルべきやね。それからはとにかくヤリまくったわ。おかげで一時期仕事で元気ないってよぉ怒られたけど、それはすべて彼女のせいです。

 ただ自宅で潮噴かれると、後でシーツ洗うのが独身男には大変でね。いまだにいろんな人に潮の噴かせ方を聞かれるけど、そんな時にはこう答えてます。

「教えてもエェけど、自宅ではやめときよ。布団ビチャビチャで寝られへんでぇ〜」とね。


五島めぐ/樹まり子
2014.02.19更新
童顔で巨乳▼五島めぐ

 五島めぐって覚えてる人もいてますかねぇ? 童顔で巨乳で人気のあった子なんですが、彼女とは色々ありました。

  仕事は一度もしたことないんですが、加藤鷹の誕生パーティで紹介されて、後に付き合ったんですわ。

 仕事では一切本番しなかったらしいですが、俺とはほぼ毎晩でしたね。二人っきりであの乳を目の前にしたら、そりゃ揉みたくなるのは当たり前で、つい揉んでしまうと必ずこう言うんですわ。

ダメッ! 欲しくなっちゃうから…」って、あの顔で言われたらそんなもん「欲しなったらやるがな…」言うてまうわけですよ。

 朝の早い仕事の時なんか、起こしてくれって頼むと、寝ぼけ状態の時になんか下半身がやたらキモチエェんですわ。

 なんやろうと見たら…、舐めてくれてるんですよ。おはフェラっちゅうか朝シャンならぬ朝尺ですよ。
  まぁ朝からシャンとなるんで朝シャンには違いないんですが…。そのままでは終われんのでやってしもて遅刻ですわ。起こしてもらう意味なかったですよ。セガレは起きるんやけどね。

 彼女、乳輪がデカイので有名な子だったんですが、これがホンマに大きくてね。
シングルCDくらいあるんちゃう?」って言うたら気に入ってくれて、インタビューの度にそう答えてたようです。マグちゃんに言われたとかって笑いながら言うてたそうですわ。明るいエェ子やったね。

 最近は朝尺してくれる子もおらんようになったなぁ。年のせいか女より先に起きてまうからしゃあないんやけどね。

庄司みゆき/後藤えり子
2013.12.17更新
細身で巨乳で…▶庄司みゆき

  庄司みゆきって覚えてる人もおるでしょうか? 可愛い子やったんですよ。ウエストは56cmくらいしかないのに、乳は93cmもある、今で言う、巨乳好きにはたまらん子やったねぇ。寂しがりで、男好きのするエェ女やったわ。

 あれはあるパーティに呼ばれた時のこと。麻布のマハラジャのVIPで飲んでるときやったと思うけど、無性に口説きたくなって、周りに隠れてみゆきを口説いたんよ。まぁ、得意のトークで考える間も与えずにね。そしたら彼女も酔ってたんか、それともマグナムの魔法にでもかかったんか、その場を抜け出してホテルまで連れて行けたわけよ。腕がエェんやろうねぇ、俺の…。ついでにモノがエェもんやから速攻でやっつけてまいましたよ。

 ここまでやったらよぉある話…。問題はここからですわ。ヤリ終わったら普通寝るでしょ。夜中やし酔ぉてるし…。俺はスグ寝る方やからキモチよく寝てたわけですよ。そしたら夢の中でもエライ気持ちエェんですよ。あまりの気持ちよさに眼が覚めたら…。

 俺の上でみゆきが寝てる間に勃起したマグナム砲を思いっきり入れて腰を振ってるんよ。

 そら気持ちエェ夢も見ますわ。なんでも寝てる男に乗るのが好きらしくてね。イクまでやって、帰ろうとしたらボディコンからはみ出た乳に興奮して3回目やって…。

 おかげでその日あった大事なオーディションに遅刻して、相方にエライ怒られてね。そら怒るよな。毎回やってて遅刻してたら…。

 そのくらいエェ女やったよ。


人間発電所・豊丸
ビ…
2013.10.21更新
人間発電所・豊丸

 毎度、AV業界の生ける伝説と呼ばれて早二十数年、未だに生けるマグナム北斗です。若いうちから伝説になってしまった俺も、今年で50歳になりました。昭和から平成にかけてのAV黎明期の濃い話…、今じゃ考えられないアホな話をまぁ聞いておくんなはれ。

 俺がAV男優をやってる間も辞めてからも、とにかく人に聞かれる話がこれですわ。

誰が一番よかった?

 とにかくそればっかりです。そんな時にはこう答えます。

「エェか悪いかは別にして印象に残るのは豊丸やろうね」。

 まぁ、ホンマに他の追随を許さないってのは彼女のことでしょう。初対面で度肝を抜かれましたわ。アソコに大根入るとこ見たことあります? 俺はこのとき初めて見ましたわ。大根入れて思いっきりピストンして、キモチよくてイクんやからね。なかなかいませんよ。

 素人の頃から大根までは彼氏とのプレーでしてたようで、現場でなんも困ることがなかったんよ。チャレンジにならない。すべて経験済。こんな楽なAV女優おらんよ。

 デビューのきっかけはスカウトらしいけど、声かけたら「エッ、アダルトビデオ? やるやる!」って、二つ返事で出演決めたのもアイツぐらいでしょ。まさにAVの申し子ですよ。

 俺が最初に共演した『人間発電所』ってブルーノ・サンマルチノみたいなタイトルの作品から俺が辞めるまで共演し倒したけど、あれほど凄いのは他にはおらんわ。

“無敵のONLY YOU”ですよ(by CоCо)。

▲ページトップ